更新日:2017/10/20

胞衣の生命

胞衣の生命(えなのいのち

・中村禎里著/46判200頁、1800円/ISBN4-87525-192-0
●後産として産み落とされる胎盤や膜はエナといわれ、けがれたものとみる一方で新生児の分身ともみなされ、その処遇に多くの伝承や習俗を育んできた。


powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional